top

P7110038.JPG

どうでも良い保険が多すぎる

.保険の販売チャネルの多様化で、競争激化。
キャッチコピーに惑わされ、自分を失った保険契約が懸念される時代に突入 [保険は安易に選んではならないない]
あなたの家庭の事情や会社の都合が大切であり、リスクや目的を適格に把握する事が大切です。
保険を勧められた又はパンフレットを取り寄せて、その中から保険を選択したのでは適切な保険契約はできない・・と、思ってほしい。保険の本当の姿を、あなたは知る事ができない。

リスクファイナンスを提案しますP7110047.JPG

生活する・会社経営をする・・・夢や希望には隠れたリスクが多くあります。そのリスクを的確に把握し対処する。
その為の一つの手法としてリスクファイナンスが有ります。
予防する事が基本対策ですが、適切に対処したつもりでも事故などは発生するものです。それを経済的に補填するために保険を利用する。保険では対処できない事故も有ります。全てを理解した上でリスクファイナンスを実行しなければなりません。
私共は、あらゆる保険システムを活用して皆様のお役に立つことを目的としています。

P7110024.JPG

嫌いなのは保険セースル

最も嫌いなセールスマンは、保険のセールスでした。
まさか自分がこの世界に飛び込むとは・・だからでしょうか・・自分のプライドを保てる営業をしよう保険会社のまちがいを修正して、正しいことをお客様に提供しよう。
これが私のポリシーになり、1保険会社の保険を無理に販売することは避けよう・・気が付かない大切なリスクを洗い出し、それをカバーするために保険が適切と判断できれば、お客様にお勧めする。
この考え方を各保険会社の社員たちも理解し始めたようです。
一つの重大なリスクに対処するには、適切な予防対策と、起きてしまった時の資金の調達方法をあらかじめ計画しておく事。これがリスクファイナンスです。

P7120078.JPG

考え方

情報過多の中で、保険を選択することはプロの徳さんでさえむずかしい時代です。保険会社の選び方も、重要な要素です。
保険情報を各社から取り寄せることは簡単です。しかしその保険の中から、あなたに最適な保険を選び出すことは危険な場合が多いことは、長年の徳さんの経験から明らかです。保険のパンフレットに隠れたデメリットを把握することは至難のわざでしょう。
しかも、あなたの保険に関する考え方次第で適切な保険は変わってしまうのです。
あなたの家庭や事業が破綻する時とは?
保険は必要なときに必要なだけの現金を受け取るシステムです。
家庭や会社の破綻を来たさない時に保険の給付が有っても、それは無駄というものです。どうでも良い保険が多すぎるのです。
知り合いや、取引先からの付き合い契約、保険会社1社だけの保険を取り扱う営業マンから保険を契約すべきでは有りません。徳さんの意見も取り入れる価値は有ると信じます。


このサイトは考えるサイトです。
比較サイトではありません。

私どもは保険を選択する上で、
考えておかなければならない事や
各種情報をお届けいたします。
内容は個人の分野が多くなっていますが、
法人経営も考えはほぼ同じでしょう。
あなただけの具体的な保険選択は
あなたの考え方を伺ってから・・・・
弊社独自の主張も記述しています。
ご意見やお叱りをお寄せください。

ご意見メールDoticon_red_Construction.png
ご入力いただきました内容は、(有)リスクファイナンス研究所からの各種商品・サービスのご案内・提供に活用させていただく場合があります。
当社の個人情報の取扱いについては「個人情報保護方針新しいウィンドウで開きます」をご覧ください。

思いつくまま、1093の記録です